FFXIの4コマとか


by noro_ri

世は並べてこともなし

お仕事ひと段落につき、昨日は有給など取得してみましたよ!

ひさびさに10時間くらい寝ました。
1時過ぎに就寝→7時半に起き→8時半過ぎに寝なおす→12時起き…と、
ぶっ通しで眠っていたわけではないのですが、
目を開けたら12時過ぎてるとびっくりしますね。

お昼を食べて午後は横浜に。
昼間なのにすごい人、ひと、ひと(@_@)。
お目当てのクリスマスリースはすでにどこにもなく、
もう世間では鏡餅とか注連縄飾りなのね、と改めて実感。

・12月20日のご飯
朝ごはん:ご飯、じゃがいもと玉ねぎのお味噌汁、マグロの粕漬け、
    がんもどきの焼いたの、かぼちゃの煮物
お昼ご飯:コンビーフと玉ねぎのホットサンド、アイスカフェオレ
晩ごはん:ご飯、ビーフストロガノフ、トマトと海草のサラダ

この朝ご飯を作るためだけに、お休みなのに7時半に起きてみたり。
ひさびさにしっかり和食で朝をスタートさせたかったのでする。

関係ないけれど、ビーフストロガノフって、「ビーフストロガノフ先生」とか
「ビーフストロガノフさん」って感じがしませんか。
どうにも、呼び捨てにしづらい食べ物…。

・本日のFF事情
初サルベージに行ってきました。
忍シナモ赤青黒白詩の9人。
ボスまでたどり着いたものの戦闘中にタイムアウト。
途中の経路をいかに効率よく移動できるかと、
見つかるとボス強化といわれているポッドに見つからないかが
ポイントなのかなぁ。

入ると装備やアビが全部使えない状態で始まるのですが、
装備の機能が効かないとかにして、普通に服は着せてください。
ミスラ、見てて寒い…orz



ねこばば…じゃなくて、猫のばば、なの。

小説のタイトルなのです。
畠中恵さん著の『しゃばけ』という小説のシリーズ3つ目?

主人公はお江戸の大店の若旦那一太郎さん。
彼は朝昼晩と別の病気で死に掛けるくらい病弱なのです。
そんな若旦那を守るのは犬神や白沢、家鳴(やなり)といった妖怪たち。

今日も咳き込み熱を出し、妖怪のみんなに心配されながら
事件を解決していくミステリ??風の小説です。

さっくりと読み終わるので、結構お勧め。
[PR]
by noro_ri | 2006-12-21 12:42 | 雑記(りある日常)